×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



IFO取引とは?

IFO取引とは?

IFO注文というのは、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

IFO注文では、まず指値注文を入れて、それが成立すれば、利益確定と損切りを同時に設定できます。

例えば、次のようなシナリオで注文を出すことができます。

■現在のレートが1ドル=112円前後のとき、もし現在のレートよりも安い111.50円になったら買う。
■そして、その後114円までドル高(円安)になれば、ドル売り決済をする。
■仮に、111円まで下がってしまえば、損切り決済をする。

IFO注文を出しておけば、インターネット上で注文から決済まで、すべて自動で行ってくれますので、注文の仕方さえ間違えなければ、究極の自動売買といえます。

また、IFDの一時注文が成立した後、上昇トレンドが明確に表れた場合には、利益確定用に行った売り注文の指値を徐々に上げていくことによって、利益幅を大きくすることも可能です。

ただし、あまり急に上げすぎると、その水準まで上昇しきれずに反落してしまう恐れもありますので注意が必要です。


成行・指値・逆指値注文とは?
指値注文のメリット
「指値+指値」のIFD
OCO取引とは?
IFO取引とは?

成行注文のメリット
逆指値注文の利用方法は?
「指値+逆指値」のIFD
利益が出ている場合のOCO取引の使い方?
自動売買と損切り

インターバンク市場・オフショアマーケット
香港ドルと人民元との関係

FXと外貨預金の異なる点
香港の経済

不動産業総合調査
不動産の所在地
返済能力

RETIO・リート
プレハブ建築
法人税の課税所得額
不動産コンサルティング技能試験
プロジェクト・ファイナンス
青色事業専従者給与
不動産の日
防火地域

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved