×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



「指値+指値」のIFD

「指値+指値」のIFD取引とは?

IFDというのは、イフ・ダン(if done)取引のことで、日本語で言うと「もし○○したら…」という意味になります。

また、ダン(done)とは、ディーラー用語で取引成立を意味します。

つまり、IFD取引というのは、「最初に出した注文が成立すれば、その次はいくらで売ります(買います)」というところまでをセットで注文できる方法のことです。

例えば、IFDでは、次のような注文をセットで出すことが可能です。

■ドルが115円まで上昇すると予想して、1ドル=114円になったらドルを買う。
■もし、114円でドルが買えた場合には、その後、115円になったら売って利益を確定する。

この例の場合は、思惑通りに為替相場が動くことを想定していますが、いわゆる「指値+指値」の利益確定パターンです。

ちなみに、IFDは、あくまでも1つの注文に対して1通りの決済注文しか出せませんので、IFD注文を出した後でも、常に為替相場の動向をチェックする必要があります。

ディーラー用語とは?

ディーラー用語というのは、為替ディーラーが取引で用いる用語のことです。

ダン(done:取引成立)、マイン(mine:買った)、ユアーズ(yours:売った)などがあります。


成行・指値・逆指値注文とは?
指値注文のメリット
「指値+指値」のIFD
OCO取引とは?
IFO取引とは?

成行注文のメリット
逆指値注文の利用方法は?
「指値+逆指値」のIFD
利益が出ている場合のOCO取引の使い方?
自動売買と損切り

アウトライト・アク抜け・アスク
南アフリカランドの為替変動

改正外国為替法
南アフリカランド

不動産学界
投信法
重要文化財の指定

不動産取得税
不当利得
包括遺贈
不動産公正取引協議会
履行遅延の禁止
一般事務受託会社
不動産特定共同事業法
壁面線

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved