×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



逆指値注文の利用方法は?

損失を限定させる逆指値注文とは?

逆指値注文というのは、損切りの金額をあらかじめ想定して決めておく手法です。

逆指値注文なら、思惑と反対に動いたときに、「損失はここまでにしておこう」という値段をあらかじめ決めておくことができます。

例えば、1ドル=100円でドルを買って、99円で売るという注文を出すとします。

このような注文を出しておけば、思惑通りに相場が動かない場合には、損失を最小限に抑えることができます。

損失が少なければ、すぐに体勢を建て直して、次の売買に備えることが可能です。

逆指値注文を上手く利用して、上手に損切りしていきたいところです。

利益確保の逆指値注文とは?

自分の思惑通りに相場が動いた場合は、逆指値注文の値段を上げていくことによって、利益確保に利用することも可能です。

例えば、ドル高を予測して1ドル=100円でドルを買い、99円で売るという注文を出していたとして、思惑通りに1ドル=102円までドル高になれば、99円で出していた逆指値注文を101円70銭など、現在の値段の少し安い金額に設定し直すことで、利益を確保することができます。


成行・指値・逆指値注文とは?
指値注文のメリット
「指値+指値」のIFD
OCO取引とは?
IFO取引とは?

成行注文のメリット
逆指値注文の利用方法は?
「指値+逆指値」のIFD
利益が出ている場合のOCO取引の使い方?
自動売買と損切り

IFD・IFO・相対取引
南アフリカランド(南ア・ランド)の特徴

外国為替市場の参加者
南アフリカの買い材料

物納できる財産
不動産投資信託
文化財保護法

不動産小口化商品
高額報酬要求の禁止
妨害排除請求権
物上保証人の求償権
不等沈下・不同沈下
一発登記
不動産投資顧問業
分筆・合筆の登記

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved