×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



スワップポイントとは?

スワップポイントとは?

スワップ(Swap)というのは、「交換」という意味なのですが、スワップポイントという場合には、金利の低い通貨を売って、それよりも金利の高い通貨を買うと受け取れる金利の差額のことをいいます。

また、その金額は、高い通貨の金利から低い通貨の金利を差し引いたものとなります。

ちなみに、FXでは、買った通貨の金利については、1日ごとに受け取ることができますが、反対に、売った通貨の金利については、1日ごとに支払わなければなりません。

例えば、日本円の金利が1.0%で、ユーロ圏の金利が5.0%のときに、円を売ってユーロを買うとします。

この場合には、5.0%−1.0%=4.0%がスワップポイントということになります。

なお、実際に受け取ることができるスワップポイントというのは、FX会社によっても異なりますので、各社のホームページなどでチェックするようにしてください。

スワップポイントと為替相場との関係は?

スワップポイントは、為替相場の変動とは無関係に受け取ることができます。

なので、仮に円高が進んで為替差損が生じた場合でも、スワップポイントにより損がある程度相殺されるケースもあります。


金融商品取引法とは?
頭と尻尾はくれてやれ
スワップポイントとは?
キャリートレードとは?
証拠金とは?

金融商品取引法の規制とは?
もうはまだなり、まだはもうなり
スワップポイントを支払う場合とは?
レバレッジとは?
FXの取引時間は?

損切り
ポンドの特徴

レバレッジを低く抑える
FXの通貨の強弱
住宅ローン 住宅ローン控除 相続時精算課税制度 必要書類
所得補償保険 保証会社 フラット35 登録免許税
買い換え 重要事項説明書 アトリウム  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved