×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



金融商品取引法とは?

金融商品取引法とは?

金融商品取引法というのは、2006年6月に成立、公布、2007年9月に全面施行された法律で、現在の法改正の集大成ともいえるものです。

この金融商品取引法は、次のような法律をはじめ、これまで取り締まる法律がなかった金融商品も広くカバーするものです。

■銀行法
■証券取引法
■金融先物取引法
■商品ファンド法
■保険業法

金融商品取引法の目的は?

金融商品取引法は、株式や債券、金融先物など様々な金融商品をカバーする、主に投資家保護に重点を置いた規制法です。

そして、最近では、次のような内容の投資家の資金を集める金融商品も登場していますが、今後どのような金融商品が登場したとしても、この法律で取り締まれるようにしようとしたものです。

■ワインファンド
■ラーメンファンド
■アイドルファンド...など


金融商品取引法とは?
頭と尻尾はくれてやれ
スワップポイントとは?
キャリートレードとは?
証拠金とは?

金融商品取引法の規制とは?
もうはまだなり、まだはもうなり
スワップポイントを支払う場合とは?
レバレッジとは?
FXの取引時間は?

ストップ
ユーロの参加国

FX(外国為替証拠金取引)
IFO注文
連帯債務 住宅ローン控除 登録免許税 毎月返済額
諸費用ローン 団体信用生命保険 一部繰り上げ返済 買い換えローン
固定資産税 市街化調整区域 アセット・マネジメント  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved