×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



ロスカット制度とは?

ロスカットとは?

ロスカットというのは、マージンコールが発動されてもそのまま放置し、さらに証拠金が目減りしてしまった場合に、FX会社側で強制的にポジションを決済してしまうことをいいます。

ロスカットは、FX会社によっても異なりますが、証拠金の割合が20%を下回った場合が多いようです。

マージンコールとロスカットの役割は?

マージンコールとロスカットの制度は、非常に重要かつありがたい制度です。

というのは、顧客は取引している以上は、利益を得たいと考えているわけで、そのために損失が生じていても、そのままズルズルと取引を続けてしまうケースも少なくありません。

こうした場合に、どこかで歯止めをかけなければ、全財産を失ってしまうどころか、多額の借金を抱え込んでしまうことにもなりかねません。

そうしたリスクをコントロールしてくれるのが、このマージンコールとロスカットの制度なのです。

この制度があれば、損失が生じることはあっても、預けた証拠金以上に損失が膨らむことはありません。

なので、マージンコールとロスカットを設けているFX会社は、とりあえず信頼がおけると考えることもできます。

反対に、こうした顧客を保護する制度を設けず、どんどん追証を入金させるような業者は、悪徳業者である可能性が高いので敬遠しておいた方が無難です。


デイトレスイングとスキャルピング
時間に余裕を持つとは?
マージンコールは安全装置
ロスカット制度とは?
デイオーダーとGTCの使い分けは?

余裕資金で投資するとは?
テクニカル分析手法とは?
信用取引と追加証拠金
注文の期限(デイオーダー・GTC)
自動売買のリスクとは?

ニュージーランド・ドルの特徴
豪ドル相場に影響を与えるのは

基軸通貨と為替レート
カナダドル相場の変動要因

土壌汚染状況調査
都道府県都市計画審議会
任意法規

都市計画制限
縄延び・縄縮み
農業委員会の組織
土地信託
取引保証
異常硬化
都市再生本部
NCREIFインデックス

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved