×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



時間に余裕を持つとは?

時間に余裕を持つとは?

せっかくタイミングよくポジションを持つことができても、その後のケアがうまくできないと、利益を確定させることは難しいです。

FXの場合、自動売買によってリスクマネジメントを行うこともできますし、24時間取引できますから、ライフスタイルに合わせた取引もできます。

また、通貨ペアごとの動きは全世界共通ですので、株式のように個々の銘柄について研究する必要もありません。

とはいっても、継続して利益を得ようとする場合には、やはりインターネットで「NIKKEI NET」を見たり、日経新聞の「マーケット総合面」などの記事を読んで、それぞれの通貨に関する情報についてはチェックしたいところです。

さらにそれ以外にも、チャートの読み方やテクニカル分析もある程度理解できないと、相場の予測を立てるのは難しいです。

忙しい中、あせって取引しても、決して良い結果にはつながりませんから、少なくとも、次のような時間は確保できるようにしましょう。

■ニュースや新聞をチェックする時間
■チャートをチェックする時間
■経済や相場を勉強する時間


デイトレスイングとスキャルピング
時間に余裕を持つとは?
マージンコールは安全装置
ロスカット制度とは?
デイオーダーとGTCの使い分けは?

余裕資金で投資するとは?
テクニカル分析手法とは?
信用取引と追加証拠金
注文の期限(デイオーダー・GTC)
自動売買のリスクとは?

ポンドの特徴
ユーロという通貨の特徴

FXの市場規模
英ポンド相場の変動要因

特定約束手形
土地利用基本計画
二重譲渡

都市計画区域
トラス
任意後見契約
都市再開発方針
取引事例(成約事例)
遺言
都市再生緊急整備地域
仲立契約

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved