×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



影響を受けやすい通貨は?

影響を受けやすい通貨は?

次のようなものがお互いに影響を受けやすい通貨といえます。

<テロ懸念>
■米ドル(USD)
■英ポンド(GBP)
■ユーロ(EUR)
⇒ 英国でテロが起きた場合

<オセアニア圏>
■豪ドル(AUD)
■ニュージーランドドル(NZD)

<アジア圏>
■日本円(JPY)
■中国人民元(CNY)
■シンガポールドル(SGD)
■韓国ウォン(KRW)...など

思惑が相場に影響を及ぼすとは?

思惑が相場に影響を及ぼすケースとしては、次のようなことが考えられます。

■米国の経済指標の悪化 ⇒ 世界的な信用不安懸念 ⇒ アジア景気への懸念 ⇒ アジア通貨の下落

■英国でテロ勃発 ⇒ 米国でのテロ勃発懸念 ⇒ 米ドル売り ⇒ 米ドルの下落


2WAYプライスとは?
通貨の略号・通称
IR(investor Relations)とは?
米ドル下落の要因は?
テロなどの為替相場への影響は?

2WAYプライスの理由は?
内部留保・資産の多い企業は?
ペイオフの解禁とは?
為替相場は思惑で動くとは?
影響を受けやすい通貨は?

為替レートの変動
FXのレバレッジ取引

オプション、OCO
豪ドルとNZドルの相関係数
無利息の借入金 敷地の面積 住宅資金の贈与 財形住宅融資
固定資産税 ろうきん フラット35 フラット35
住宅ローン 中古マンション 買換え特例  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved