×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



2WAYプライスとは?

2WAYプライスとは?

為替レートというのは、新聞やテレビでは、次のように表示されますが、この表示のことを2WAYプライスといいます。

⇒ 100.43−100.45 ドル/円為替レート

この2WAYプライスの表示では、左側の100.43円がビッド(買値)、右側の100.45円がアスク(売値)と読みます。

これは、110.43円ならドルを買いたい人がいて、100.45円ならドルを売りたい人がいるということを意味しています。

ただし、これはFX会社(銀行)側から見た場合なので、投資家側からすると、ドルを売りたい場合には左側の100.43円が、逆に、ドルを買いたい場合には右側の100.45円が適用されることになります。

つまり、あなたが売買する際には、「左側の安い方の値段(ビッド)で売れる」「右側の高い方の値段(アスク)で買える」と覚えておくとよいと思います。

ちなみに、それぞれ買い気配(値)、売り気配(値)と呼ばれることもあります。

また、ビッドとアスクの差額のことをスプレッドといいます。


2WAYプライスとは?
通貨の略号・通称
IR(investor Relations)とは?
米ドル下落の要因は?
テロなどの為替相場への影響は?

2WAYプライスの理由は?
内部留保・資産の多い企業は?
ペイオフの解禁とは?
為替相場は思惑で動くとは?
影響を受けやすい通貨は?

外国為替証拠金取引(FX)
AskとBid

高金利通貨
ロスカットとロング・ショート
転勤 年末残高等証明書 税金 財形住宅融資
印紙税 特約火災保険 適合証明書 フラット35
JAの住宅ローン 住民票 親の土地に住宅  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved