×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



内部留保・資産の多い企業は?

内部留保・資産の多い企業は?

企業に内部留保や資産などが多いと、経営の安定度は高いように見えます。

しかしながら、たとえ内部留保や資産などが多くても、株価が割安であると、現金ないし現金化しやすい資産がたくさんあるということで、その分敵対的買収を仕掛けられる可能性は高くなります。

通常、企業の経営権を取得するには、その企業の発行している株式の過半数を取得すればよいことになっています。

つまり、現金等が潤沢であるのに、その企業の株式が割安であれば、わずか過半数の株の取得によって、その潤沢な現金等を自由にすることができますので、買収の標的として狙われる確率が高くなるのです。

そのため、上場企業などは、配当を増加させたり、IR(投資家向け広報活動)に力を入れたりして、自社の株価を上げて買収を防衛しようと躍起になっているのです。

敵対的買収とは?

敵対的買収というのは、買収企業が被買収企業の許可を得ないで、買収を進めることをいいます。


2WAYプライスとは?
通貨の略号・通称
IR(investor Relations)とは?
米ドル下落の要因は?
テロなどの為替相場への影響は?

2WAYプライスの理由は?
内部留保・資産の多い企業は?
ペイオフの解禁とは?
為替相場は思惑で動くとは?
影響を受けやすい通貨は?

外国為替市場
FXで利益を出す

FXの節税対策
長期保有での損切り
住宅ローン控除 年末残高等証明書 登録免許税 財形住宅融資
登録免許税 提携ローン フラット35 フラット35
提携ローン マンション 二世帯住宅  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved