×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



VISTAとネクスト11

VISTAとは?

VISTAというのは、BRICsに続いて高成長が期待できる有力な新興国である、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)の英語の頭文字をつないだ造語のことです。

このVISTAは、BRICs経済研究所代表の門倉貴史氏の発案によるものです。

ネクスト11とは?

ネクスト11というのは、政治情勢や人口の伸び率、教育水準などから、先進諸国と比較して長期的な成長余力が大きいと考えられる11カ国の総称のことです。

このネクスト11は、BRICsの国々に続く有望な投資先として注目されていますが、具体的には、次の11か国です。

■イラン
■インドネシア
■エジプト
■韓国
■トルコ
■ナイジェリア
■バングラディシュ
■パキスタン
■フィリピン
■ベトナム
■メキシコ


自動売買の種類は?
スプレッドという手数料
BRICs(ブリックス)とは?
FX会社選択の重要性
最低証拠金・取引手数料のチェックとは?

FXは外貨預金より取引手数料が安い?
取引手数料とスプレッド
VISTAとネクスト11
FX会社選択のポイントは?
取引単位・スワップポイント等のチェック

政策金利の決定
デイトレードの魅力

高金利通貨のデメリット
ユーロは第二の基軸通貨

譲渡所得の取得費
信託受益権
政令で定める使用人

除斥期間
すがもれ
総代会
新総合土地政策推進要綱
生活関連施設
ISDN
所有権登記
税率

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved