×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



スプレッドという手数料

スプレッドという手数料

FXの手数料について、FX会社を比較する際には、スプレッドに注意したいところです。

スプレッドというのは、ビッド(買値)とアスク(売値)の差のことですが、当然、スプレッドが小さいほど顧客にとっては有利になります。

逆に、スプレッドが大きいと顧客にとっては不利になります。

例えば、次のレートで1ドルを買うことを考えます。

■A会社 ⇒ 100円(ビッド)−105円(アスク):スプレッド5円
■B会社 ⇒ 100円(ビッド)−110円(アスク):スプレッド10円

1ドルをA会社から105円で買った人は、それを100円で買い戻してもらえます。

しかし、B会社から110円で買った人も、同じ100円でしか買い戻してもらえません。

つまり、B会社の方が余計に手数料を取っているということです。

よって、スプレッドの小さい方が、顧客にとっては有利になりのです。

FXは取引手数料が安いのが魅力ですが、たとえ取引手数料が安くても、スプレッドが大きいと、トータルでは取引コストが高くつきますので注意が必要です。


自動売買の種類は?
スプレッドという手数料
BRICs(ブリックス)とは?
FX会社選択の重要性
最低証拠金・取引手数料のチェックとは?

FXは外貨預金より取引手数料が安い?
取引手数料とスプレッド
VISTAとネクスト11
FX会社選択のポイントは?
取引単位・スワップポイント等のチェック

短期投資と中長期投資の資金による違い
ボリンジャーバンド

スワップがマイナス
アメリカの経済指標

譲渡所得
真正売買
正常価格

譲渡担保の禁止
森林法
善意・悪意
正味
スキップフロア
RC造
所有権
成年後見制度

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved