×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



FXは外貨預金より取引手数料が安い?

FXは外貨預金より取引手数料が安い?

FXは取引手数料が安いのも魅力です。

外貨預金では、一般的に取引ごとに1ドル当たり1円※の取引手数料がかかります。

取引ごとなので、銀行口座に預ける時に1円、引き出す時にも1円、往復で合計2円がかかります。

例えば、1ドル=100円のときに1万円をドル預金するとします。

まず、1万円をドルに交換しますと100ドル(1万円÷100円=100ドル)になりますが、ここで1ドル当たり1円の手数料がかかりますので、1万円(100ドル)につき100円差し引かれ99ドル預金することになります。

その99ドルを引き出すとに、1ドル=103円になっていれば、10,094円(98ドル×103円)と94円の利益になります。

ここで気づいてほしいのは、3円もドル高になったのに、わずか94円しか利益にならないということです。

逆に言えば、2円を超えるドル高になっていないと、元本割れしてしまうのです。

ちなみに、一気に3円もドル高になることはそれほど多くありません。

つまり、外貨預金では、多少ドル高になったくらいでは利益は出にくいのです。

一方、FXの手数料は、1ドル当たり10銭程度のところが多いようですから、例えばドルを買って、20銭以上のドル高になったところでドルを売れば、利益を確保できます。

※銀行や金融商品によって異なります。


自動売買の種類は?
スプレッドという手数料
BRICs(ブリックス)とは?
FX会社選択の重要性
最低証拠金・取引手数料のチェックとは?

FXは外貨預金より取引手数料が安い?
取引手数料とスプレッド
VISTAとネクスト11
FX会社選択のポイントは?
取引単位・スワップポイント等のチェック

短期投資と中長期投資の時間
ストキャスティクス

ユーロドルの利益の支払い
米ドルの変動要因

承諾料
離婚の場合の親権
契約無効の報酬

譲渡担保の債務完済
新住宅市街地開発
セットバック
手形小切手
不動産取引
RMBS
所属団体名の表示
清算金

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved