×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



外国為替が取引される場所は?

外国為替はどこで取引されているのですか?

株式というのは、証券取引所で取引されていますが、それでは外国為替はどこで取引されているのでしょうか。

一般的には、建物としての外国為替取引所での取引というのは行われていません※。

よくテレビのニュースなどで、ディーラーが紙をやりとりしている光景が映し出されていますが、あれは、銀行のディーリングルームや外国為替仲介業者(為替ブローカー)の一室であって、取引所ではありません。

では、外国為替はどうやって取引されているのでしょうか。

実は、外国為替の場合は、相対取引(あいたいとりひき)で行われています。

※2005年7月からは、東京金融先物取引所で取引ができるようになっています。

相対取引とはどのような取引ですか?

相対取引というのは、わかりやすく言うと、通貨を売りたい人と買いたい人が直接やり取りを行う方法のことをいいます。

ちなみに、そのやり取りの際には、電話回線やコンピュータ回線が使用されます。

このため、FXは「テレフォン・マーケット」とか「スクリーン・マーケット」などと呼ばれています。

FXの場合、一箇所に注文が集まる場所というのはないのですが、実際には、これらの回線網が外国通貨に関する取引を行う市場ということになります。


FXとは?
円高・円安で混乱する理由は?
インターバンク市場とは?
東京金融先物取引所とは?
ペイオフ・交換手数料とは?

円高・円安の捉え方は?
外国為替が取引される場所は?
対顧客市場とは?
政策金利とは?
海外ネットショップの換算レートは?

預金保険制度の「資金援助方式」
為替レート

円高
くりっく365
増改築 再適用 住宅ローン控除 財形住宅融資
控除期間 保険の時価 新築住宅建設 フラット35
資金計画 親子ペアローン 土地を先行取得  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved