×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



円高・円安の捉え方は?

円高・円安の捉え方は?

FXを始めるときに、最初に戸惑うことの1つが、この円高・円安の捉え方ではないでしょうか?

テレビやインターネットのニュースなどで、「ドル円は、前日の1ドル=105円から1円円高の1ドル=104円で推移しています」などと伝えられることがあると思います。

このとき、105円から104円に円は小さくなったのに、なぜ円高というのでしょうか。

これが理解できないと、FXを実際に始めたときに、的確な売買注文が出せませんので、ここでしっかり理解しておくようにしましょう。

例えば、今、1ドルのハンバーガーを買うとします。

(1)1ドル=120円の時
⇒ このとき、1ドルのハンバーガーを買うためには、日本円が120円必要になります。

(2)1ドル=100円の時
⇒ このとき、1ドルのハンバーガーを買うためには、日本円が100円必要になります。これは、(1)のときより20円すくなくてすんでいます。

よって、(2)のほうは、(1)よりも少ない日本円でハンバーガーが買える、つまり、円の価値が高い(円高)ということになるのです。


FXとは?
円高・円安で混乱する理由は?
インターバンク市場とは?
東京金融先物取引所とは?
ペイオフ・交換手数料とは?

円高・円安の捉え方は?
外国為替が取引される場所は?
対顧客市場とは?
政策金利とは?
海外ネットショップの換算レートは?

預金保険制度
外国為替証拠金取引

チャートとローソク足
FX
床面積 転居 住宅ローン控除 財形住宅融資
確定申告 火災保険 住宅金融支援機構 フラット35
金利 親子リレーローン 3,000万円特別控除  

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved