×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



自己資本規制比率の余裕と会社の信頼性

自己資本規制比率の余裕とは?

自己資本規制比率というのは、FX会社の財務状況を知る重要な指標の一つです。

金融商品取引法の規制では、この自己資本規制比率が120%を超えていない業者は営業できなくなっています。

といっても、自己資本規制比率が120%であれば安心というわけではありませんので注意してください。

できれば、少なくとも200%以上の余裕のあるFX会社を選んだ方が無難です。

FX会社の信頼性は?

FX会社を選ぶ際には、基本的に過去にトラブルがあったという評判が立っている会社は避けた方が無難です。

また、問い合わせをしてもいないのに、電話で勧誘してくるようなFX会社も好ましいものではありません。

さらに、リスクに関する説明をしないで、「私に任せてください」とか「絶対儲かります」などと営業社員が言うような会社は、絶対に敬遠するようにしたいところです。

なお、2006年1月より、金融庁に登録、あるいは登録申請中の業者以外は、業務を行うことができなくなっていますので注意してください。


ハイリスク・ハイリターンとは?
顧客の資産管理と信託保全
FX会社への資料請求方法は?
FX口座開設のポイントは?
デイトレとは?

取引環境とカバー先金融機関
自己資本規制比率の余裕と会社の信頼性
個人情報の取扱いの確認とは?
FX口座開設手続きの流れ
デイトレーディングのメリットは?

ローソク足の見方
金融先物取引業者の登録

スワップの複利運用の注意点
豪ドル安の懸念材料

短期賃貸借
長期プライムレート
序盤

担保物権中心的効力
土塗壁同等構造
鉄筋の露出
地籍
帳簿の保存
青地、赤地、白地
地方公共団体融資
DSCR

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved