×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資の基礎知識



外貨預金・外貨定期預金の取引期限

外貨預金・外貨定期預金の取引期限

外貨預金は、普通預金であれば、国内の預金と同様、いつでも預金の引き出しは自由です。

しかしながら、外貨定期預金の場合には満期があります。

なので、たとえドル高になってきても満期になれば、決済する必要があります。

また、円高になってきたので一旦決済したいと思っても、外貨定期預金を満期以前に解約した場合には、違約金等を支払わなければなりません。

ちなみに、外貨定期預金の場合は、預金者が亡くなったとしても中途解約できない銀行もあります。

仮に中途解約が認められたとしても、契約時より低い金利での利息しか受け取れないなど、不利になるケースが多いです。

このようなことから考えると、外貨預金は取引期間に制限があるので、流動性が低い、すなわち入出金の自由度があまりない金融商品といえます。

流動性とは?

流動性というのは、投資した金融商品や物を現金化する容易さのことをいいます。

つまり、流動性が高いほど、現金化しやすいということです。


経済指標と為替相場の変動
FXで利益を出すには?
外貨預金・外貨定期預金の取引期限
FXの取引期限は?
FXの自動売買とは?

FXの活発な時間帯は?
差金決済の利益の出し方は?
先物取引の決済期限は?
ロールオーバーとは?
利益確定と損切り

投資判断
経済指標と為替レートへの影響

指値・逆指値注文
雇用統計

固定金利選択型
3,000万円特別控除
住宅性能保証制度

不動産広告
資産担保金融
元利均等返済
中古一戸建て
資産流動化計画
EC(イー・シー)
リフォームローン
質権

Copyright (C) 2011 FX投資の基礎知識 All Rights Reserved